メンズ秋服30代!着やすいようで難しい「トレーナー」の注意点

 

 

 

メンズ秋服30代!着やすいようで難しい「トレーナー」ファッションの注意点

 

メンズ秋服30代!「トレーナー」とはスウェット生地で内側はパイル地のものや起毛素材のもの。吸水性が良く着心地が良いためスポーツウェアーとしても重宝されていますよね。勿論オールシーズン着られてファッションアイテムとしてもお馴染みのものです。 「ロゴ付き」「フード付き」「プリント」「カラーもの」などなど・・・色んなデザインがあり年齢層もとても広く男女問わず人気のアイテムです。誰でも1枚2枚はお持ちでしょう。そんな「トレーナー」ファッションですが意外に着こなしが難しいのです。「トレーナー」にジーンズなんて一番シンプルで当たり前のファッションじゃないの?なんて思いますがちょっと間違えれば「ダサい」メンズ秋服30代ファッションにもなりがちなんです。

 

特にメンズ秋服30代ともなればお仕事をバリバリこなす年齢。普段はスーツやジャケットでバッチリキメテおられる男性も多いと思います。そんな男性も休日くらいはゆったりリラックスファッションで過ごしたい。そこで選ばれるのが「トレーナー」なのです。家着やちょっとその辺のコンビニに行くようならどんなトレーナーでも良いでしょう。けれどちょっとしたお食事やショッピングに行く時に着て行く「トレーナー」こそ気をつけなくては行けないと思います。少し気取ったレストランや展示会など「服装は自由」とはなっていますがそこに家着なのかよそ行きなのかわからない「トレーナー」ファッションで着てしまうとたちまち浮いてしまうのです。

 

特にメンズ秋服30代で「ロゴ入りトレーナー」や「カラートレーナー」などはどうしても下に合わせるのは「デニム」になるでしょう。若い男の子ならウールのスラックスややわらか素材のタックパンツなどを上手く合わせるのですが「トレーナー」ファッションをオフファッションと捉えてる30代の男性はどうしても「トレーナー」ファッション=リラックスファッションと思いがちのようです。もし「トレーナー」ファッションで出かけるのならあまり大きな「ロゴトレーナー」や奇抜な「カラートレーナー」ではなく白や黒グレーなどセーターっぽい「トレーナー」に細身のチノパンやウールのパンツを合わせてキレイ系リラックスコーデを目指してはいかがでしょう。

 

30代メンズファッション通販ランキングを確認してみる